2018-06

2018.9.1(土)Nyabo Ssebo1stアルバム「NYABO!SSEBO!」発売記念ライブ

昨年結成したNyabo Ssebo(ニャボセボ)遂にファーストアルバムリリース!アルバムに参加してくれた豪華メンバーフル編成でのライブです。
是非お越しください!

9/1(土)

▼場所
FARO COFFEE & CATERING
東京都文京区本郷2丁目39-7 エチソウビル2階
*1階うどん こくわがた 右手の階段を上る。

▼開場 18:00
▼開演 19:00
▼料金 3,500円(+1drinkオーダー)

メンバー
黒川紗恵子 – クラリネット 
田中庸介 – ギター 
宮川剛 – ドラム 
神田智子 – ボーカル
相川瞳 – パーカッション

ご予約
メールでのお申し込みになります。

・件名 9/1ライブ予約
・本文 お名前 人数

を明記の上、下記のアドレスまで送信お願い致します。
nyabossebo17@gmail.com 

*チケットの発券はございません。料金は当日会場にてお支払いください。
*自由席となりますので、お早めのご来場をお勧め致します。

◎Nyabo Ssebo ニャボセボ
2017年、黒川紗恵子(クラリネット)と田中庸介(ギター)により結成。
Nyabo=Mrs、Ssebo=Mr。黒川がウガンダを旅した時に印象に残った言葉の響きからユニット名に。
クラリネットとギターのノスタルジックなサウンドを中心に、ボーダーレスな景色を映し出す楽曲が魅力。

●黒川紗恵子 クラリネット
東京藝術大学器楽科卒。在学中ブラジル音楽に興味を持ち渡伯。帰国後、哀愁クラリネットに惹かれプロのチンドン屋として、各地を巡業。コーコーヤ、B4楽団、バロンと世界一周楽団のメンバーとして活動の他、畠山美由紀、中山うり、アン・サリー、小松亮太、ゴンチチ、他の多くのアーティストとのライブやレコーディングに参加。2016年より体に優しい下着ブランド”JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)”の代表を務める。

●田中庸介 ギター
ブルース、ロック、ジャズをはじめ、近年はタンゴなどの南米音楽を融合させ、ジャンルを超えた演奏と作曲、編曲を行うギター奏者。映画やドラマ、絵画や書、ダンスへの演奏/楽曲提供も行う。近年では椎名林檎、姿月あさと、渡辺えり、坂東玉三郎などのライブやレコーディングに参加。サウジアラビアで行われたジャナドリア祭(2011)では『梅津和時トリオ』として演奏した。B4楽団、佐藤鈴木田中、Tango-Jack他、テイストの異なる様々なバンドで活躍。

●宮川剛 ドラム
長崎県出身。中学時代YMOのコピーバンドでドラムを始め、大学時代に原田迅明、藤山英一郎に師事。Small Circle of Friendsで上京後、cruyff in the bedroom、忌野清志郎ラフィータフィー、忌野清志郎NICE MIDDOLEを経て、現在は宮沢和史率いるGANGA ZUMBAの他、高野寛、矢野顕子、山崎まさよし、石井竜也 、Chara、いきものがかり、山下久美子、近藤房之助、中山うり、YUKI、松田聖子、他多数のアーティストのライヴ/レコーディングに参加。

●神田智子 ボーカル
静岡県出身。4歳からピアノ、17歳から声楽を習う。東京芸術大学声楽科卒業。大学在学中ドイツリートを学ぶ傍らブラジル音楽と出会い、ライブ活動を始める。卒業後、bastante、anonymass、world standardに参加。2012年、画家・絵本作家のミロコマチコとの活動を機に作曲を始める。
現在ソロのほか、多くのアーティストのライブやレコーディングにボーカル、コーラスとして参加(UA、くるり、Noahlewis’ Mahlon Taitsほか)。CM、映画、ドラマなどの音楽にも多数声を提供している。

●相川瞳 パーカッション
東京藝術大学音楽学部器楽科打楽器専攻卒業。2007年3月、ブルガリアで開催されたプロヴディフ国際打楽器コンクールDUO部門にて2位入賞(1位なし)。2013年、「大友良英withあまちゃんスペシャルビッグバンド」のメンバーとしてNHK紅白歌合戦に出場。 2017年、NHK-FM『リサイタル・ノヴァ』にソリストとして出演。レコーディング、舞台、アーティストサポート、ミュージカル、現代音楽、などの活動を展開する。これまでに坂東玉三郎、渡辺えり、椎名林檎、小野リサ、岩城滉一、姿月あさと、蘭寿とむ、Flower、等のレコーディングやライブに参加。

Posted on 2018-06-08 | Posted in SCHEDULENo Comments »

 

2018.7.18(水)Nyabo Sseboライブ

昨年結成したNyabo Ssebo(ニャボセボ)秋にファーストアルバムリリース予定!今回はドラム宮川剛氏とのトリオです。

▼日時
7月18日(土) 

▼会場
poco rit.
埼玉県さいたま市南区別所
7-9-9 VINES TERRACE #D

▼チャージ 
投げ銭  

▼ご予約
TEL: poco rit. 048-789-7703


メンバー
黒川紗恵子 クラリネット
田中庸介  ギター
宮川剛   ドラム



▼Nyabo Ssebo ニャボセボ
2017年、黒川紗恵子(クラリネット)と田中庸介(ギター)により結成。
Nyabo=Mrs、Ssebo=Mr。黒川がウガンダを旅した時に印象に残った言葉の響きからユニット名に。
クラリネットとギターのノスタルジックなサウンドを中心に、ボーダーレスな景色を映し出す楽曲が魅力。

黒川紗恵子 クラリネット
東京芸術大学器楽科卒業。在学中ブラジル音楽に興味を持ち渡伯。帰国後、哀愁クラリネットに惹かれプロのチンドン屋として、各地を巡業した。コーコーヤ、B4楽団、バロンと世界一周楽団のメンバーとして活動の他、畠山美由紀(VO),中山うり(VO),アン・サリー(VO),ゴンチチ,小松亮太(バンドネオン),他の多くのアーティストとのライブやレコーディングに参加。2016年より体に優しい下着ブランドJUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)の代表を務める。

http://www.kurokawasaeko.com

田中庸介 ギター
ブルース、ロック、ジャズをはじめ、近年はタンゴなどの南米音楽を融合させ、ジャンルを超えた演奏と作曲、編曲を行うギター奏者。映画やドラマ音楽、絵画や書、ダンスへの演奏/楽曲提供も行う。近年では椎名林檎、涼風真世、坂東玉三郎などの録音に参加。サウジアラビアで行われたジャナドリア祭[2011]では『梅津和時トリオ』として演奏した。『B4楽団』『佐藤鈴木田中』『Tango-Jack』他、様々なバンドで活躍。

http://tanakayosuke.com

宮川剛 ドラム
長崎県出身。中学時代YMOのコピーバンドでドラムを始め、大学時代に原田迅明、藤山英一郎に師事。Small Circle of Friendsで上京後、cruyff in the bedroom、忌野清志郎ラフィータフィー、忌野清志郎NICE MIDDOLEを経て、現在は宮沢和史率いるGANGA ZUMBAの他、高野寛、矢野顕子、山崎まさよし、石井竜也 、Chara、いきものがかり、山下久美子、近藤房之助、中山うり、YUKI、松田聖子、他多数のアーティストのライヴ/レコーディングに参加。

Posted on 2018-06-08 | Posted in SCHEDULENo Comments »

 

2018.7.14(土)Nyabo Sseboライブ

昨年結成したNyabo Ssebo(ニャボセボ)B4楽団で一緒に演奏しているギタリスト田中庸介君とのDUOライブです。秋にファーストアルバムリリース予定!

▼日時
7月14日(土) 開場 17:30 開演 18:00

▼会場
acht 埼玉県入間市豊岡5丁目1−2−B1

▼チャージ 
3000円+1ドリンクオーダー  

▼ご予約方法
メールまたはお電話にて参加人数、ご氏名ご連絡先をご連絡ください。
*定員になり次第締め切りさせて頂く場合がございます。
電話:04-2937-4064( 火ー日 11:00-19:00 受付 )
メール:info@acht-8.com

< Nyabo Ssebo ニャボセボ 演奏会のお知らせ > acht谷藤さんより

Nyabo Sseboの黒川さんとの出会いの始まりは音楽家としてではなく、下着ブランド、JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)のデザイナーとしてでした。
ある日、服飾作家の山中とみこさんがお店に連れて来てくださいました。
彼女の作るとても肌触りが良い下着が気に入って、お店で販売会をすることになりました。
(JUBAN DO ONI 販売会の日程は後日)
彼女と話をする中で、デザイナーよりも先にクラリネットの演奏家でもあったと聞きました。
演奏家と、下着ブランドのデザイナーという双方を情熱を持って取り組む彼女自身に魅力を感じ、この販売会は彼女の魅力を売る販売会でもあると思っています。
2月に引っ越した新しい場所はコンクリに囲まれた音の響きやすい場所です。
生の音はとても心地良いはずです。
黒川さんはクラリネット奏者。
あまり馴染みのない楽器でしたがいまではその少し哀愁を含んだような音色がとても好きになりました。
ギターの田中さんの作曲したスローな曲もとても良いです。
夏の夕暮れにぴったりな演奏会になると思います。
ご都合がよければ是非耳を傾けにいらしてくだされば幸いです。



▼Nyabo Ssebo ニャボセボ
2017年、黒川紗恵子(クラリネット)と田中庸介(ギター)により結成。
Nyabo=Mrs、Ssebo=Mr。黒川がウガンダを旅した時に印象に残った言葉の響きからユニット名に。
クラリネットとギターのノスタルジックなサウンドを中心に、ボーダーレスな景色を映し出す楽曲が魅力。

黒川紗恵子 (Clarinet)
東京芸術大学器楽科卒業。在学中ブラジル音楽に興味を持ち渡伯。帰国後、哀愁クラリネットに惹かれプロのチンドン屋として、各地を巡業した。コーコーヤ、B4楽団、バロンと世界一周楽団のメンバーとして活動の他、畠山美由紀(VO),中山うり(VO),アン・サリー(VO),ゴンチチ,小松亮太(バンドネオン),他の多くのアーティストとのライブやレコーディングに参加。2016年より体に優しい下着ブランドJUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)の代表を務める。

http://www.kurokawasaeko.com

田中庸介 (Guitar)
ブルース、ロック、ジャズをはじめ、近年はタンゴなどの南米音楽を融合させ、ジャンルを超えた演奏と作曲、編曲を行うギター奏者。映画やドラマ音楽、絵画や書、ダンスへの演奏/楽曲提供も行う。近年では椎名林檎、涼風真世、坂東玉三郎などの録音に参加。サウジアラビアで行われたジャナドリア祭[2011]では『梅津和時トリオ』として演奏した。『B4楽団』『佐藤鈴木田中』『Tango-Jack』他、様々なバンドで活躍。

http://tanakayosuke.com

Posted on 2018-06-08 | Posted in SCHEDULENo Comments »

 

2018.7.25(水)バロンと世界一周楽団 浅草HUB

7/25(水)

場所 浅草 HUB

開場 18:00
開演 ①19:20 ②20:30 ③21:40

*入れ替え制ではありません。

料金 1,600円




◉バロンと世界一周楽団プロフィール
ヴォードビリアンのBARON(バロン)を中心に世界のルーツミュージックを愛し、無国籍で自由に、独自の音楽を生み出し続ける6人編成オーケストラ。アコースティックでスインギー、時には喜劇コントまで飛び出すライブスタイルは必見。
2010年の浅草東洋館、2011~14年の青山Cayなどで企画した音楽劇「ヴォードビルアゲイン」が大成功し都内をはじめ、全国各地のホールイベントやフェスにも呼ばれ老若男女問わず心踊らせるライブを続けている。
TBSラジオ 永六輔その新世界でバンド楽曲「センキョイコ」が流れ話題になる。飛行機の機内放送(ANA、Air Do)でも楽曲が使われ、KIRINのCM音楽の制作にも携わった。
2010年 1stアルバム「いつかどこかで見た空だ」、2013年 2nd「なにはなくとも」をリリース、2017年6月待望の3作目を発表。世界一周を常に目論み中。

Posted on 2018-06-08 | Posted in SCHEDULENo Comments »